ライトアップされた鍾乳洞内
 日原鍾乳洞は、西東京バス終点から日原川支流小川谷を遡って徒歩5分のところ、小川谷の左岸にあり、その名は古くから宣伝されている。人跡の通ずるところ約800米,鍾乳石よりなる連華岩、獅子岩、百衣観音等、何れもその形状から命名され、他に格天井、舟底岩等の岩盤。あみだの原、死出の山、賽の河原等の広濶。護摩壇、12薬師、13仏の壁面、地獄谷、三途の川という小流等、宗教的な名称が附せられ、何れもその名にさも似たりという形状をしている。
 いうまでもなく鍾乳洞は石灰岩の中にできた洞窟で、雨水の中に含まれている炭酸ガスによって石灰岩が溶解されてできるものであり、洞窟の天井から垂下するつらら状のものを鍾乳石といい、反対に盤上に沈殿して成長したものが石筍、鍾乳石と石筍が1本につながったものが石柱である。この鍾乳石は3cmのびるのに200年を要し石筍は3cmのびるのに400年を要するという。
 洞内は大別すると旧洞と新洞に分かれ温度は年中摂氏11度で夏はきわめて涼しく冬は暖かである。通路はよく整備され電灯設備も完備しているからお年寄りからお子様まで容易に探勝することが出来る。特に新藤同は石筍、石柱の発達著しくは洞内は金世界銀世界、特に乳石の乱立は荘厳雄大、鍾乳石の豊富さとその美観の素晴らしさは、正に関東随一と激賞されている。

営業時間:4/1~11/30 8:00~17:00 12/1~3/31 8:30~16:30
料金:高校生以上 700円 中学生 500円 小学生 400円
定休日:年末年始
住所:東京都西多摩郡奥多摩町日原1052
アクセス:平日 西東京バス 鍾乳洞バス停より徒歩8分 土日祝 西東京バス 東日原バス停より徒歩30分
駐車場:無料あり
問合せ先:日原鍾乳洞
電話番号:0428-83-8491
公式サイト:http://www.nippara.com/